ホームジムを作りたいなら、『パワーラック』を買おう!

トレーニング方法

「ジムに通う時間が無い」

「好きな時間に、誰にも見られずにトレーニングがしたい」

 

こう考えている人は、自宅にホームジムを作るのがおすすめです。

自宅にトレーニング環境があれば、自由な時間に、好きなだけ使うことができます。

ジムに通うのが恥ずかしい、という場合にもホームジムはぴったりです。

 

さて、いざホームジムを作るとなっても、何を購入すればいいでしょうか。

誰もが思いつく物としては、ダンベルや懸垂マシン、腹筋ローラーがあります。

 

私は、圧倒的に『パワーラック』をおすすめします。

その理由をお伝えします。

パワーラックとは

パワーラックとは、この動画のような金属製の大きなラックです。

立方体に組み立てられた内側でトレーニングを行います。

大きなジムには置いてあることが多いです。

 

バーベルという金属製のポール・重りのプレートを使ってトレーニングを行います。

フリーウエイトを呼ばれる、マシンなどを使わない筋トレ方法です。

 

自宅にホームジムを作るのであれば、このパワーラックがおすすめです。

その理由を紹介します。

 

あらゆるトレーニングが可能

パワーラックがあれば、あらゆるトレーニングが可能です。

正確には、あらゆる部位の筋トレをすることができます。

男性・女性問わず、筋トレの基本であるBIG3(スクワット・ベンチプレス・デッドリフト )が可能なので、身体の大きな筋肉を鍛えることができます。

 

筋トレマシンは1〜3種目しかできず、限られた部位のみを鍛えるものが多いです。

その点パワーラックは、使い方次第で全身をトレーニングすることができます。

 

ダンベルよりもバーベルの方が高重量を扱うことができ、またラックのセーフティーバーで守られるので安全に筋トレができます。

また、ラックの上部には懸垂ができるバーが付いています。

 

インクラインベンチを一緒に買おう

先ほど「パワーラックがあれば、あらゆるトレーニングが可能」と言いましたが、これはインクラインベンチがあることが前提です。

インクラインベンチとは、上の写真のような角度をつけられるトレーニングベンチです。

 

角度が付けられることで、できるトレーニング種目が飛躍的に増えます。

具体的には、ショルダープレスやインクラインベンチプレスなどです。

>>>【筋トレ】トレーニングベンチを買う時に気を付けるべき4つのポイント

ダンベルをプラスするとなお良し

パワーラックではバーベルを使用しますが、余裕があればダンベルも購入することをおすすめします。

バーベルよりも扱える重量は下がりますが、ダンベルならではのメリットがあります。

 

まず、可動域の広さ。

バーベルは一本の棒なので、ベンチプレスでは重りを下ろしきるとバーが胸に当たります。

その点ダンベルであれば、胸よりも低い位置に重りを下ろすことができ、筋肉のストレッチが強まります。

 

続いて、片手で行う種目ができること。

ワンハンドローイングやサイドレイズなど、片手で行うトレーニング種目ではダンベルが必須です。

バーベルとは異なる刺激を筋肉に入れることで、効率的に筋トレができます。

 

おすすめのダンベルは、重さが変えられる可変式のダンベルです。

>>>【失敗談】ダンベルを買うなら40kg×2がおすすめ。後悔したからそう思う。

 

スペースが無い場合は、ハーフラックがおすすめ



パワーラックはサイズが大きいので、置けるスペースが限られます。

高さもあるので、天井の高さも考慮する必要があります。

 

どうしてもパワーラックが置けない場合は、ハーフラックがおすすめです。

上の写真のような、パワーラックが半分になったような製品です。

パワーラックよりも少し安定性・安全性に欠けますが、可能な種目は一緒です。

 

防音マットは必須

パワーラック・ハーフラックどちらを置くにしても、床に引くマットは必須です。

騒音を解決してくれるだけでなく、床を傷つけることを防止してくれます。

 

おすすめパワーラック

TUFFSTUFF(タフスタッフ) パワーラック CPR-265


TUFFSTUFF(タフスタッフ) パワーラック CPR-265

ゴールドジムにも導入されているタフスタッフのパワーラック・

私もジムで使ったことがありますが、安定感抜群です。

懸垂でぶら下がっても、ビクともしませんでした。

POWERTEC(パワーテック) ハーフラック WB-HR18



POWERTEC(パワーテック) ハーフラック WB-HR18

パワーテック社のハーフラック。

コンパクトなサイズ感ながら、安定感もあります。色がオシャレ。

 

IROTEC パワーラックHPMラットオプションセット

IROTECのパワーラック。

ケーブルマシンが付属しているので、ラットプルやローイング種目もできます。

 

IROTEC パワーラック

IROTECのシンプルなパワーラック。

必要十分な機能を備えています。

 

 

以上、パワーラックがおすすめという話でした。

良きトレーニングを!

コメント