前腕を太くしたいなら『ファットグリップ』が便利!

アイテム

「腕を太くしたい」

これは、男性の永遠のテーマだと思います。

 

ポパイやスーパーマンがそうであるように、太い腕は強い男性の象徴です。

二頭筋や三頭筋はトレーニング種目も豊富なので、肩からひじの間は比較的鍛えやすいです。

 

しかし、前腕(腕の肘から先)は鍛えるのが難しい。

手首を返す動作の種目もあるものの、前腕トレーニングだけのために時間を割くのもなんだかなあ、と感じます。

 

今回は、普段の筋トレに取り入れるだけで『前腕も一緒に』を鍛えることができるアイテムを紹介します。

ファットグリップ

出典:Fat Gripz

Fat Gripz(ファットグリップズ)は、ゴム製の筒状の製品です。

バーベルやダンベルの持ち手に付けて使います。

バーが太くなることで持ちにくくなり、それにより前腕に強烈な負荷が来ます。

持ちづらいから、拳をギュッと握りしめる。それにより効果があるんですね。

 

Amazonで購入できます。

 

使い方

 

View this post on Instagram

 

Yukihiro Yuasaさん(@kingyuasa)がシェアした投稿

このように、アームカールなどの二頭筋の種目で使うのが一般的です。

二頭筋を鍛えるついでに、前腕もトレーニングできます。

ベンチプレスなどのプレス系種目でも使っている人を見かけます。

 

ファットグリップを使うと、扱える重量は下がります。

しかし、変わった刺激が入るのでよりパンプする印象です。

 

背中の種目にはNG

ファットグリップは、懸垂やラットプルなどの背中の種目には不向きです。

使うことはできますが、背中よりも先に腕が疲れてしまうので、背中への負荷が落ちて効率が悪いです。

 

引く種目など背中のトレーニングの際は、リストストラップやパワーグリップを使用した方が良いです。

 

効果

ハマる人が続出するほど、効果があります。

実際使ってみると分かりますが、「バーが太くなる」だけでこんなにも違うのかと驚きます。

そもそも海外のバーは太かったりするので、外国の選手は腕が太いです。

 

ノーマルタイプで十分

出典:Fat Gripz

真ん中の水色が通常のオリジナルタイプ。

太さが異なるタイプが発売されていますが、真ん中の水色のタイプがベストです。

細すぎても効果が薄く、太すぎると使いにくい。

 

類似品に注意

こういった類似品や、ボールタイプも発売されています。

類似品は壊れやすかったりするので、正規品の購入をおすすめします。

ボールタイプは使いにくく、効果も弱いです。

 

正規品↓

 

以上、前腕トレーニングにおすすめなファットグリップの紹介でした。

良きトレーニングを!

コメント